筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆長趾屈筋(ちょうしくっきん)

◆長趾屈筋の部位
 長趾屈筋は脛骨の後面中央部及び、後脛骨筋の筋膜から足底に伸び足指第2〜5指の末節骨底に付着する筋肉です。

◆英字表記(英語)
 長趾屈筋= frexor digitorum longus(フレクサ ディジトーラム ロンガス)

◆長趾屈筋の働き・特徴
 長趾屈筋の主な働きは、足関節の屈曲及び内反動作の補助です。