筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆肩甲下筋(けんこうかきん)

◆肩甲下筋の部位
 肩甲下筋は肩甲骨の外側肋骨面から、上腕骨の中間よりやや上部(小結節)に付着する筋肉です。

◆英字表記(英語)
 肩甲下筋= subscapularis(サブスキャピュラリス)

◆肩甲下筋の働き・特徴
 肩甲下筋の主な働きは、上腕骨の内旋動作、内転動作、及び、肩関節の安定です。

 広背筋、小円筋と働きが似ており、共同して働きますが、肩甲下筋そのもののちからは強くありません。