筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆長腓骨筋(ちょうひこつきん)

◆長腓骨筋の部位
 長腓骨筋は脛骨外側上部及び腓骨骨頭外側面から第一中足骨骨底に付着する筋肉です。

◆英字表記(英語)
 長腓骨筋= fibularis longus(フィビュラリス ロンガス)

◆長腓骨筋の働き・特徴
 長腓骨筋の主な働きは、膝の伸展運動で他の大腿四頭筋郡と共同で働きます。

※大腿四頭筋=大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋の総称