筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆長掌筋(ちょうしょうきん)

◆長掌筋の部位
 長掌筋は上腕骨内側上顆から肘関節を跨いで、尺骨外側面から手のひら背面(手の甲)に伸び手掌腱膜となり付着している靴筋です。

◆英字表記(英語)
 長掌筋= palmaris longus(パルメイリス ロンガス)

◆長掌筋の働き・特徴
 長掌筋の主な働きは、手首の背屈動作です。

※長掌筋は、個人によっては先天的に欠如している場合がある。しかし、他の屈筋郡が補って働く為、運動に大きな支障をもたらす事はない。
その為、野球肘の代表である内側側副靭帯の断裂など移植手術を行う際は、本人の長掌筋の腱を移植する事がある。