筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆大臀筋(だいでんきん)

◆大臀筋の部位
 大臀筋は腸骨、仙骨、尾骨から、大腿骨、大腿筋膜に付着する臀筋郡の中でも最も大きく最も表層にある筋肉です。

※臀筋郡=「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」

◆英字表記(英語)
 大臀筋= gluteus maximus(グルーティーアス マクスィマス)

◆大臀筋の働き・特徴
 大臀筋の主な働きは、股関節の伸展動作です。また、中腰姿勢の保持の際にも働きます。
 しゃがんだ状態からのジャンプなどの股関節の伸展動作の際には最も強力に働く主導筋となります。