筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆小胸筋(しょうきょうきん)

◆小胸筋の部位
 小胸筋は、大胸筋の下部に配置し第3〜5肋骨から肩甲骨の烏口突起に付着する三角形の形状をした筋肉です。

◆英字表記(英語)
 小胸筋= pectoralis minor(ペクトレイリス マイナー)

◆小胸筋の働き・特徴
 小胸筋の主な働きは、肩甲骨を内側下方に引き胸部を広げる動作の補助です。

 小胸筋独自で働くことは稀で、大抵は前鋸筋とともに働き、呼気の補助筋としても働きます。