筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

◆前脛骨筋の部位
 前脛骨筋は脛骨外側面上部よりやや下、及び深筋膜、骨間膜から足先に伸び、内側楔状骨及び足裏面の第一中足骨に付着する背屈筋です。

◆英字表記(英語)
 前脛骨筋= tibialis anterior(ティビアリス アンティアリア)

◆前脛骨筋の働き・特徴
 前脛骨筋の主な働きは、足関節の背屈運動です。

 背屈運動とは、つま先を自分の脛の方向へ引き付ける動作で、前脛骨筋の働きにより、歩行時につまづく事なく歩く事が出来ます。

 脛骨(すねの骨)のすぐ外側に配置し、背屈させると筋肉が浮き出てくる為、視覚的にも目視で確認しやすい筋肉でもあります。