筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆前鋸筋(ぜんきょきん)

◆前鋸筋の部位
 前鋸筋は第1〜第8肋骨の中央よりやや外側から、肩甲骨の内側縁に付着する筋肉です。

 形状がギザギザで鋸(のこぎり)の刃にも見える事から前鋸筋という名称となったのが由来です。

※肋骨付着面については第8,9,10と個人によってバラつきがあります。

◆英字表記(英語)
 前鋸筋= serratus anterior(セレイタス アンティアリア)

◆前鋸筋の働き・特徴
 前鋸筋の主な働きは、肋骨を持ち上げての呼気作用、及び肩甲骨の複雑な動きの補助です。

 肩甲骨を急速に前方に押し出す、ストレートパンチなどの動作の際にも、この前鋸筋は強く作用し◆「ボクサー筋」とも呼ばれる筋肉です。