筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆三角筋(さんかくきん)

◆三角筋の部位
 三角筋は肩甲骨の肩甲棘と肩峰部及び、鎖骨の外側面から、三角筋染粗面に肩関節をおおきく包むように付着する筋肉です。

 肩峰部を先をとして、三角形の形状に広がる形状から三角筋と呼ばれます。

◆英字表記(英語)
 三角筋= deltoid(デルトイド)

◆三角筋の働き・特徴
 三角筋はその配置、機能から3つの部位に分類されます。
 1.鎖骨部(三角筋前面) ⇒ 屈曲動作、内転動作
 2.肩峰部(三角筋中部) ⇒ 外転
 3.肩甲棘部(三角筋後面)⇒ 伸展動作、外旋動作