筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆鎖骨下筋(さこつかきん)

◆鎖骨下筋の部位
 鎖骨下筋は第一肋骨、胸部中心側から、体側側に伸び鎖骨に付着している筋肉です。

 大胸筋と重なって鎖骨のすぐ下に配置する事から、鎖骨下筋と名づけられております。

◆英字表記(英語)
 鎖骨下筋= subclavius(サブクレイヴィアス)

◆鎖骨下筋の働き・特徴
 鎖骨下筋の主な働きは、上腕の運動時に、鎖骨の固定し脱臼を防ぐ役割です。