筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆広背筋(こうはいきん)

◆広背筋の部位
 広背筋は背部第6〜第12胸椎の棘突起及び腸骨稜から背中を覆うように左右に広がり、上腕骨上部へ付着する人体の筋肉の中では最も面積の広い筋肉です。

◆英字表記(英語)
 広背筋= latissimus dorsi(ラティッスィマス ドースィ)

◆広背筋の働き・特徴
 広背筋の主な働きは、肩関節の伸展動作、内旋動から、上腕の内転動作、更には呼気の際にも働きます。
 広背筋は上腕骨上部に広がるように伸びる形状から、いわゆる逆三角形の体系作りの主力となる筋肉です。