筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆棘下筋(きょくかきん)

◆棘下筋の部位
 棘下筋は肩甲骨中央より、下部に渡る三角形をした筋肉で肩甲棘下に位置する回旋筋です。肩甲棘下から上腕骨の上部(大結節)に付着しています。

◆英字表記(英語)
 棘下筋= infraspinatus(インフラスパイネイタス)

◆棘下筋の働き・特徴
 棘下筋の主な働きは、上腕の回旋動作です。投球動作の際に欠かせない筋肉で、肩甲骨側部から上腕骨へ付着する小円筋とともに、上腕の外旋動作を補助します。