筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆外腹斜筋(がいふくしゃきん)

◆外腹斜筋の部位
 外腹斜筋は肋骨の下から8本側面から前腹壁の腱膜を結ぶ、腹部の側壁面の最も外側に位置する表層筋です。

◆英字表記(英語)
 外腹斜筋= external obique(イクスターナル・オブリーク)
 関連 ⇒ 内腹斜筋

◆外腹斜筋の働き・特徴
 外腹斜筋の主な働きは、日常生活では呼吸動作、また、腹部のねじれた屈曲動作の際に強く働きます。ゴルフのスイングなど水平に動くねじれ動作の場合も、外腹斜筋の屈曲がなされています。

※腹斜筋=外腹斜筋と内腹斜筋の総称