筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆ヒラメ筋(ひらめきん)

◆ヒラメ筋の部位
 ヒラメ筋は、腓骨と脛骨の上部から腓腹筋と合流しアキレス腱となり踵骨につながる強力な底屈筋です。
 腓腹筋の2つの側頭の内側に扁平状に沿って位置しています。

※薄平べったい形状が魚のヒラメに似ている事がヒラメ筋の名称の由来

◆英字表記(英語)
 ヒラメ筋= soleus(ソウリアス)
 関連 ⇒ 腓腹筋
 関連 ⇒ 下腿三頭筋

◆ヒラメ筋の働き・特徴
 ヒラメ筋の主な働きは、膝が屈曲した状態での足関節の底屈運動です。
 膝が伸展している状態での底屈運動でもヒラメ筋は働くが、屈曲時は大腿部の膝関節にまでまたがる腓腹筋は力が弱まる為、足関節のみに付着するヒラメ筋が主導権を握る。

※下腿三頭筋= 腓腹筋・ヒラメ筋の総称