筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆腓腹筋(ひふくきん)

◆腓腹筋の部位
 腓腹筋は2つの筋頭をもち、それぞれ大腿骨の2関節(内側腓腹・外側腓腹)から起き、ヒラメ筋と合流しアキレス腱となり踵骨につながる、2関節筋です。

◆英字表記(英語)
 腓腹筋= gastrocnemius(ガストロクニーミアス)
 関連 → 下腿三頭筋
 関連 → ヒラメ筋

◆腓腹筋の働き・特徴
 腓腹筋の主な働きは、足関節の底屈運動です。膝が伸展している状態(伸びている上体)で強い力を発揮します。
 一般的に言われる「こむら返り」とはこの腓腹筋が痙攣状態している状態を表します。

※下腿三頭筋= 腓腹筋・ヒラメ筋の総称