筋肉名称・名前・働き

筋肉の付着部位、英語名称、各筋肉の機能及び働きを部位別に解説。

◆ハムストリングス

◆ハムストリングスの部位
 ハムストリングスは本来、◆「膝窩腱」の意味だが、現在の一般的な見解においてハムストリングスがなす意味は、大腿部後面の◆「大腿二頭筋」「半膜様筋」「半腱様筋」の3つの屈筋郡の事を指す。

◆英字表記(英語)
 腓腹筋= hamstring muscles(ハムストリング マッスルズ)

◆ハムストリングスの働き・特徴
 ハムストリングスの主な働きは、膝関節の屈曲、及び股関節の伸展運動です。ダッシュする際にこのハムストリングスは強く働く為、別称「ランニング筋」とも呼ばれる。

 大腿部前面の筋肉に比べ、大腿部後面のハムストリングスの発達が伴わないアスリートが比較的多く、強い力を発揮する際(ダッシュなど)に「肉離れ」を起こす事が多い筋肉でもある。

※ハムストリングス= 大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋の総称